車を輸出する際にも廃車手続きが必要

車を輸出する際にも廃車手続きが必要

車の傷を治したい場合

常に新品の状態で車に乗りたい人は多いです。
少しでも車に傷がありますと、すぐに治したいと考えるのです。
ご自身が良く走る道が舗装された良い状態であれば良いのですが、砂利道を走るようなことがありますと、細かな石などが自然にボディに当たってしまい、傷がついてしまうこともよくあります。
丁寧に運転をしましても、道路の状態によってはどうしても傷ができてしまうのです。
また、自動車のドアの開け閉めなどをする際に、取っ手の部分を触ることや、ご自身で鍵穴にキーをさして運転をするような場合には、鍵穴の部分に細かな傷ができてしまうこともあります。
あらかじめボディに特別なコーティングをしておけばよろしいのですが、結構な費用がかかりますので、躊躇してしまう人は多いです。
どうしてもボディをキレイにしたいならば板金業者などで対応してもらえばよろしいのですが、費用がかかります。
もし、費用をかけずに車をキレイにしたいならば、保険を利用されるとよろしいです。
しかし、保険を利用しますと等級というものがありますので、利用すればするほど等級が下がり、毎月の保険料の負担が大きくなってしまうデメリットもあります。

車の正しい洗車方法

車の正しい洗車方法

車は正しく洗車しないと傷の原因になってしまいます。
基本的な事として風の強い日の洗車は控えるようにしましょう。
砂埃等によりボディーに傷が付く原因になります。
また、炎天下での洗車は控えた方がいいです。
ボディーの熱ですぐに水が乾いてしまうような日はシミの原因になる為避けなければなりません。
特に水道水は塩素等が入っているので白い輪郭が残ってしまう事があります。
ボディーの色が濃い車は特に注意が必要です。
その為水洗いが終わったら素早く吹き上げる事が重要です。
洗っていく順番として初めにタイヤとホイールを洗うようにしましょう。
次に天井から下に向かって洗っていきます。
側面の汚れがひどい場合は側面を先に洗うとより効率がいいです。
ドアやトランク等の内側の溝も洗い残しのないようにする事が重要です。
高圧洗浄を使用する方もいますが高圧洗浄ではボディーに強い刺激を与えてしまう為シャワーノズル等を使用するといいです。
このような手順で洗車するとシャンプーなどを使用しなくても水洗いだけで綺麗になります。

新着ページ
新着情報

◎2017/9/30

バイクが盗まれた場合
の情報を更新しました。

◎2017/5/24

動かない車の手続きはできる?
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

軽自動車などの廃車買取サービス
の情報を更新しました。

「車 傷」
に関連するツイート
Twitter