車を輸出する際にも廃車手続きが必要

車を輸出する際にも廃車手続きが必要

車のシートに関する純正と社外品の比較

車のシートを考えた場合に、大きくは純正のものと社外品のものに分けられます。
純正のシートは基本的に布系であるファブリックになっていますが、グレードの高い車種になりますと最初から革系のレザーがついている場合もあります。
純正のものは車のサイズにフィットし、安定していて良いのですが、やはり社外品のものと比べたときに、座り心地が落ちるケースがあります。
社外品であれば、ファブリックにしても特殊な素材を使用していて、季節を問わず一年中気持ち良く座ることができます。
ましてやレザーとなれば、一段と座り心地が良いですし、壊れにくく高級感もあります。
しかし社外品は製品が良質なだけに、価格のほうが跳ね上がってしまいます。
経済的に余裕のある方は、社外品への交換を検討されてみてはいかがでしょうか。
可能であればレザーをおすすめしたいところですが、ファブリックでも十分に座り心地が良いですし、冬場に暖かく感じられます。
たかがシート、されどシートです。

車の消臭方法を知ろう

車の消臭方法を知ろう

車は狭い空間ということもありにおいがこもりやすくなります。
車が臭いと乗り物酔いの原因ともなるので消臭しなければいけません。
しかし単純に空間消臭をしただけではなかなかにおいが取れません。
まずにおいは空間ではなくシートに染みついていることが多いのでシートのにおいを消すことをおすすめします。
丸洗いすることはできませんがカバーを付けているならそれを取り外して洗濯してください。
あと泡状のシートのクリーニング剤で汚れとにおいを取り除くことができます。
他にもクーラーの吹き出し口の掃除をするようにしましょう、実はにおいはここから出ていることも多いのです。
長い間使っていますとカビやたばこのにおいを吸い込んでいますのでキレイにすると効果的です。
できるだけにおいを車につけないようにするためには煙草を吸う方は窓を開けて吸うようにしましょう。
いずれ売る車なので消臭の必要はないと思う方もいるかもしれませんが、においがあると査定額が下がるので気を付けてください。

新着ページ
新着情報

◎2017/9/30

バイクが盗まれた場合
の情報を更新しました。

◎2017/5/24

動かない車の手続きはできる?
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

軽自動車などの廃車買取サービス
の情報を更新しました。

「車 シート」
に関連するツイート
Twitter