車の耐用年数と素材

車を輸出する際にも廃車手続きが必要

動かない車でも廃車の手続きはできる?

もちろん出来ます。
むしろ動かないからこそ廃車手続きをとる必要があります。
自動車を所有し運転をするには税金・車検・自賠責保険などを納めなければ公道を走ることは許されていません。
今回のケースではそもそも動かないのですから車検や自賠責保険は放置したとしても問題はありません。
しかしながら税金は違います。
自動車を所有するには自動車税と自動車重量税がかかります。
このうち自動車重量税は車検時に支払うものなので車検を受けなければ支払いは発生しません。
しかしながら自動車税は違います。
毎年4月1日の時点で御車を所有されている方に課税されますので必ず納税ハガキが届くはずです。
これを無視した場合、数ヵ月後に督促状が送られてきます。
これには本来の税金だけでなく延滞金も上乗せされます。
つまり廃車手続きをしなければ無駄な出費がかさむばかりです。
以上のことから速やかに廃車手続きをすすめるべきです。
手数料はかかりますが廃車専門の業者に頼むのが最も確実です。
ちなみに抹消登録は陸運局で行うのですが書類上だけならば個人でも手続きはできます。
また次のお車を購入するつもりがあるならば販売店に相談してはいかがでしょうか。
価値はなくとも下取りとして査定してくれる可能性がありますから。

ローンが残っていても廃車の手続きははできる?

ローンが残っていても廃車の手続きははできる?

ローンが残っている車を廃車にできるのか、まず確認をすることは、車検証の所有権欄の確認です。
もし所有者が自分である場合は自由に処分することができます。
所有者がもしクレジットカード会社や自動車販売業者であるばあいは、勝手に廃車にしたりすることは出来ません。
もちろん売ることも出来ません。
所有者がクレジットカード会社や自動車販売業者だということは、この車は自分のではないということを証明です。
この事を所有権留保とも言います。
ローンんで購入した場合、所有者の名義人が購入者になっている場合がありますが、この場合はもしローンが残っていても売ることはできます。
しかし完済、精算が終了していない限り車を売ったり廃車にしたあとも支払い義務があります。
もし車を売りたい人が所有権留保を解除してほしいという場合にはどうすればいいのかというと、車を自分で自由に処分するには所有権留保を解除してもらわなければなりません。
それにはすべて完済していることが条件となります。

新着ページ
新着情報

◎2017/9/30

バイクが盗まれた場合
の情報を更新しました。

◎2017/5/24

動かない車の手続きはできる?
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

軽自動車などの廃車買取サービス
の情報を更新しました。

「廃車 手続き」
に関連するツイート
Twitter

Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/scygkeqo/iemrllc.com/tetuduki.html on line 87

Warning: file_get_contents(http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%BB%83%E8%BB%8A+%E6%89%8B%E7%B6%9A%E3%81%8D): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/scygkeqo/iemrllc.com/tetuduki.html on line 87